PAGE TOP

ABOUTシェ・コーベに
ついて

CONCEPT&HISTORY更なる先へ

シェ・コーベのルーツは戦前、日本郵船の様々な旅客船で料理長を務めていた初代・須賀哲夫にさかのぼります。戦争によって船を下りた祖父は、地元名古屋に戻り1950年、名古屋の下町に1軒の小さな洋食店を開店しました。それがChez KOBEのルーツでもあるレストラン「神戸屋」です。その小さなレストランで高校生の頃から祖父の手伝いをしていた二代目・須賀邦一郎が1978年、32才の時、閑静な住宅街・八事にオープンしたのがフランス料理店「シェ・コーベ」でした。祖父から数えて三代目となったシェ・コーベも開店以来、およそ40年の月日を重ねてまいりました。たくさんのお客様に愛されながら、おかげさまで“名古屋の老舗フレンチといえば”と形容していただけるようにもなりました。

そして現在。我々は老舗の看板に甘えることなく、常に“現在のシェ・コーベが最高のシェ・コーベ”であるべく努力をし続けることを皆様にお約束いたします。時代は変われども初代の料理に対する熱心で真摯な姿勢を貫き、重ねた歴史の重みを誇りとし、これからもChez KOBEが皆様から愛される楽しく、温かいレストランであり続けられますように。

MESSAGEメッセージ

SUGA Yusuke
Chez KOBE オーナー須賀 祐介

シェ・コーベが、長い歴史のなかで常に、最も大切にしているもの。それは「人」です。スタッフはみな、技術を習得する以前に先ず、人として誠実であること、誠実に人と向き合うことを求められます。そんな私たちが目指すのは、エッジの効いたスタイリッシュなお店ではありません。もっとナチュラルでシンプルなものであると考えます。そこに質の高い料理と温かいサービスがあって、なによりシェ・コーベならではの世界観が感じられるレストランです。家族のようにやわらく、あたたかな気持ちでお客様をお迎えし、帰る時に「楽しかった」「もう一度、あの人たちに会いたい」と感じていただけたら─。そんな理想を思い描きながら、これからも、同じ想いで結ばれたスタッフとともに、最高のレストランづくりを続けて参ります。

CHEFシェフ

KOBAYASHI Makoto
Chez KOBE 料理長小林 誠

今からおよそ20年前にChez KOBEで歩み始めた料理人としての人生。以来Chez KOBE一筋で本当にたくさんのお客様にお料理を通じて関わる事ができたことに心から感謝をするとともに、そのことこそが私の幸せであり、誇りです。常に「お客様の期待を超える料理をつくりたい」という思いで駆け抜けた日々。そのような毎日を続けてこられたのは、大好きなシェ・コーベを我が家と思い、家族のように結ばれたスタッフと、何よりシェ・コーベを愛してくださるお客様がいらっしゃったからにほかなりません。

私はフランス料理を食するということは、しばし現実を離れ「非日常」を楽しむことが出来る貴重な時間であると考えます。いつもと違った雰囲気の中で襟を正し、上質な空間と心地良いサービスを受けながらする食事はとても素晴らしいものだと思うのです。サービスマンの優しさと笑顔、そして我々キュイジニエが食材にかける魔法によって、シェ・コーベで過ごすひとときが皆様にとって人生の素敵な彩りとなりますように今日も心を込めてお料理をつくらせて頂きます。皆様の御来店を心よりお待ちしております。